法律相談室

父が先日亡くなりました。葬儀などは終わったのですが、父(被相続人)の財産の相続手続を行うに際して、何から始めればよいのか分かりません

まず、「相続する財産がどれだけか」・「相続人は誰か」・「遺言書があるか」の3つを調べる必要があります。
 「相続する財産」を調査することは、「相続放棄」・「相続税の申告」などに影響してきます。相続財産で負債が多い場合、相続放棄をすることを検討しなれければなりませんが、その手続きは被相続人がお亡くなりになった日から原則3か月以内にしなければいけません。また、相続税の申告は、10か月以内となります。
 「相続人が誰か」を調査することは、遺産を分配する「遺産分割協議」に影響してきます。分割協議は、相続人全員でしなければならないので、必ず被相続人のお亡くなりになった時から出生の時までの戸籍謄本・除籍謄本を取得し、誰が相続人かを公的書類で確定する必要があります。「遺言書」がある場合、被相続人の意思である遺言書に記載された相続の分配方法が優先されるので、相続人で行う遺産分割協議を行う前に、遺言書があるかを確認しなければ、後々トラブルになる可能性があります。
 相続人の方がご自身で各調査を行うこともできますが、お身内がお亡くなりになり、なにかと心労が重なる時期でもあります。期限が決まっている相続手続きもあることから、専門家にお任せすることも一つの方法ではないかと考えます。お困りの方はぜひご相談下さい。かたくり法律事務所
『クラスク法律相談室』へご質問のあて先はこちらから → member@kurask.jp
*お寄せいただいた質問から、編集部でセレクトさせていただき掲載する場合は、仮名で質問のみ使用させていただきます。
クラスクTOPページへ