レシピ・バレンタインブラウニー

クラスク 宮川順子先生のレシピ米茄子のチーズ焼~ひと手間でナスが立派なメインディッシュに~

■材料(4人文)

●米茄子(丸茄子)無ければ普通の千両ナス可 …4個
●ピーマン(しし唐) …4個
●揚げ油 …適宜
●帆立 …適宜
●とろけるチーズ …適宜
●タップナード(冷蔵庫で1~2週間は保存可) …少し大目の量
●ブラックオリーブ(無ければグリーンも可) …10個
●アンチョビ …1~2枚
●ケイパー …10粒
●塩・コショウ・オリーブ油 …適宜

■作り方

  1. ナスは2cm厚程度の輪切り(千両ナスの場合、縦に半分切り)にし、水に晒さず、そのまま170~180度の油で揚げる。ピーマンも種をとって食べやすい大きさに切り、サッと揚げておく。
  2. ①にオリーブ、アンチョビ、ケイパー、塩、コショウを微塵切り又はフードプロセッサーにかけ、オリーブオイルも混ぜて、ペースト状にする(これをタップナード」といい、ベイクドポテトに塗ったり、パスタソースの隠し味に使います)
  3. ①のナスにタップナードを塗り、とろけるチーズものせ、オーブンかオーブントースターでチーズが溶ける程度に焼く。
  4. フライパンにタップナード少々と半分に切った帆立を入れ、サッと炒める。
  5. 皿に③のナスを乗せ、①のピーマンと④の帆立を盛り、④の残り汁を飾る。
宮川先生のレシピ一覧へ